血圧が高くなりすぎるとどうしていけないの?キトサンは防げるのか

高温多湿の国として知られる日本では、塩分を上手に活用して様々な食文化を作り上げてきました。お味噌やお醤油といった調味料、鯛の塩釜焼きや漬け物といった塩を用いた料理など多岐にわたります。

ただこうした塩の文化が「高血圧」を招いていることもまた事実です。

健康的なボディの女性

どうして塩が血圧を高めるのか

そもそも塩を取り過ぎるとどうして血圧が高まるのでしょうか。血液中に塩がたくさん流れ出すと、少しでも血液を薄めようと細胞から水分がしみ出してきます。

これが血液に溶け込むと、塩分濃度は薄くなるものの血管を通る血液量が増加するため血圧が高くなるのです。塩の取り過ぎで血圧が高くなると言うのは、血液量が増えるからと言うことだったのですね。

塩の取り過ぎに十分注意するところから始める

では高血圧を防ぐためにはどうしたらよいのでしょう。手っ取り早い手段は「塩の取り過ぎに注意すること」です。極端な話塩を取らなければ高血圧になどなりません。

しかしそれでは死んでしまいますから、適度な塩分量に抑える努力が欠かせないのです。

サプリメントで体の中の塩にアプローチ

すぐに塩分量を減らすことが出来たとしても、体質的に高血圧になりやすい方だっていらっしゃいます。そんなときにはキトサンのサプリメントを上手に活用し、高血圧を防ぎましょう。

キトサンは細胞から出てくる水分量を抑えてくれる働きを持っています。

国民病とも言える高血圧を克服

高血圧を長年放置すると、血管がもろくなりやがて大動脈瘤や心筋梗塞と行った恐ろしい病気につながる可能性が指摘されています。

血管の使いすぎには十分注意して、塩分を取り過ぎないよう血圧に注意を払っていくことが求められますね。