生活習慣病を防いで毎日健康で幸せな生活をキトサンで送ろう

日本人は大変病院が好きだと言われることがあります。アメリカでは基本的に病院にかかるよりも、薬局で売られている市販薬を上手に活用して直すことが多いのです。病気になったらまずは病院に行くという考え方は、国民皆保険制度が成立している日本だからこそ出来ること。

生活習慣病を防いで毎日健康で幸せな生活をキトサンで送ろう

海外では自己負担の恐ろしさからおちおち病院に行けないのです。

参考:キトサン http://kanikara.jp/

■病気になっても大丈夫という安心感
病院にかかる際、保険証を持っていけば自己負担額がたったの3割で住むという制度は非常に画期的なものです。例えお金がなかったとしても、他の公的制度と併用することできちんと病気を治すことが出来ますね。戦後の日本には病気で悩む人がたくさんいたにもかかわらず、病院には簡単に行けませんでした。

そうした世の中を改善するために生まれたのが、国民皆保険制度です。

■高額な医療費がかかることを忘れてはいない?
確かに自己負担額が3割で住むことは私たちにとってとてもありがたいものです。しかし、大きな病気になって手術とか入院になれば相応の医療費が請求されることをお忘れではないでしょうか。医療費の上限を設けられる特別な健康保険制度が公的に用意されてはいるものの、申請を忘れてしまうといったんたくさんの金額を病院に納めなければなりません。

それに社会全体としてみたらたくさんの医療費が、保険財政を圧迫するのです。

■病気になって苦しむのは自分自身
またお金の面ではそれほど苦労しなくても、病気の痛みや苦しみを味わうのは病気になった本人です。もちろん周りの家族だって心配や何らかの負担を負わなければなりません。つまり健康でいることがもっとも良い状態で、病気にならないことがもっとも望ましいと言えるでしょう。

■日頃から病気にならないような工夫が必要
だからといって人間が死ぬまで一度も病気にかからないまま生きることは、ほぼ不可能です。ゆえに病気への備えをしておく必要があります。もっとも望ましいのは、医学を勉強して医師免許を取得し自信で治すことが出来るくらいにするのが一番ですがこちらもまた不可能な話。

手っ取り早いのは「病気にならないように健康に気を遣った生活を毎日送ること」に他なりません。

■健康に気遣った生活を送るのは難しい?
ところが、健康に気を遣った生活を送るのはきわめて難しいものです。みなさんも「こうすればきっと健康に良いんだろうな」と頭ではわかっていても、実際の行動には移せていないことがたくさんあるのではないでしょうか。たばこをやめた方がいいとはわかっている、お酒を減らした方が良いとはわかっている。

でも、やめられないから惰性でずっと吸い続けたり飲み続けてしまうのです。

■サプリメントは数多くあるけれど
たばこやお酒に限らず、普段の生活習慣によって引き起こされる病気のことを「生活習慣病」と呼びます。高血圧症や高脂血症、糖尿病などは聞き覚えのある方も多いでしょう。こうした病気を防ぐためと言いますか、症状が出てこないようにあらかじめ予防することが期待されるものとして「サプリメント」があります。

薬ほど強い効果は持っていないけれど、長く使っていれば一定の効果を期待できるかも知れないという商品です。お店に行くといろいろな商品が売られていますが、何がいいのか今ひとつわからないかも知れません。

■キトサンで出来る毎日の生活習慣病予防
そこで今回はキトサンの含まれたサプリを使って、生活習慣病予防が出来るかを考えていきます。